忍者ブログ
川が好き。
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65
女性作家の中には、敢えて独り身を貫く人も多いと聞く。恋愛や結婚によって感性が変わり、作風の変わってしまうことを防ぐためだという。

 わたしも、守りたいと思ってしまったのだ、さびしい歌を詠える自分を。

  あの時にわたしが「はい」とうなずけば始まっていたはずの幸福

***

焼きうどん。具は豚肉とキャベツともやし。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おともさんもてるんだなぁ

幸せになっていく姿を歌えるのも短歌なのだと思うのです←素人の考え

おともさんのそんな短歌も読んでみたいな

でも羨ましい妬ましいと思っちゃうのだろうか
となんともばかばかしいことを考えました(^o^)
kumapapa31 2014/09/25(Thu)16:37:39 編集
Re:無題
kumapapa31さん、こんにちは。
いえいえ、もてないので、そんな慣れてないことに失敗したのでした。
しあわせになってしあわせな歌を詠えるようになりたいと、今は素直に思います。
読者としても、他の人のしあわせな歌を読むのが好きになってきました。
【2014/09/28 14:51】
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
おとも
性別:
女性
自己紹介:
短歌とか詩とか本とか。
(文末の短歌は既作から拾ってくるので本文と直接は繋がってなかったりもしますよ。)
連絡・問い合わせ
ブログ内検索
最新コメント
[08/27 お湯]
[08/27 お湯]
[06/25 お湯]
[04/24 R]
[04/12 きたとら]
忍者カウンター
Designed by Lynn
忍者ブログ [PR]