忍者ブログ
川が好き。
[250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240
少し前に書いた文ちゃんのこともそうだけれど、10年前の頃のことを最近よく思い出します。その頃には短歌も詠んでいたので何かが残っているというのもあるし、ずっと続けるような仕事ではないと感じつつもなんとなく仕事が続いているような状況が似ているからかもしれません。

 Iさんのこともこの頃よく考えます。Iさんは当時の職場の同僚さんで、わたしより10歳年上の独身女性でした。私服はいつも黒い服に黒いタイトなミニスカート姿で、ハイヒールがすらっとした足とても似合っていました。職場にはIさんと同年代の子持ち主婦さんがおり、Iさんの恰好に軽く突っかかっているのを聞いたことがあります。その場でIさんは何も言わず流していました。Iさんは自己主張の強くない人だったし、何よりとても似合っていたので、突っかかる方が小さく見えるほどでした。
 今の自分が、初めて会った頃のIさんと同じ年齢なんだな、と思うと、不思議な感じがします。今、20代の人からしたらわたしはどんなふうに見えるんだろうなーなんて想像することがあります。思い起こせば、20代当時のわたしから見たIさんは普通の女性でした。もちろん、わたしとIさんは別人ですが、必要以上に自虐に走らなくとも、あの頃の自分の目線を自分に向けていいのかもしれないな、と思い直しました。

 職場が閉鎖して、Iさんとは一旦疎遠になりました。けれども、新しい仕事の帰り、街中でばったり再会しました。わたしは再会を喜び、その後休みの日に会ったりもしました。Iさんはわたしより先に次の仕事が決まったと聞いていましたが、そこも無くなり求職中でした。
 しばらくして、Iさんから借金の申し出がありました。他に裕福で親しい人もいるだろうにわたしに頼むなんてよっぽど何か事情でもあるのかと思い、言う通りに2万貸しました。わたしにとっては大金です。失礼かもしれないと思いつつ、借用書のようなものも書いてもらいました。
 お金は後日ちゃんと返してもらいましたが、娯楽に使われたことを知りました。その時に、待ち合わせ時間に遅刻するなど不誠実さを感じたため、わたしの心が離れてゆきました。やっぱりぎくしゃくした感じになり、それっきりになりました。他人にお金を貸したのはそれが最初で最後です。
 あれから何度かわたしも無職になったりしましたが、一般の同年代より少額ながら貯金もしていますし、余裕のない時はいろいろ我慢しますし、お金を借りたことはありません。

 今の自分が、あの頃のIさんと同じ年齢になったということは、Iさんはあの頃より10歳年上になっているということです。間には震災もありました。どうしているんだろうと気がかりですが、今でも付き合いのある共通の知人も、Iさんと連絡が途絶えてしまったそうです。


  年上で無職の友に二万貸しワッフルおごってもらった雨の日

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 8 9 10
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
おとも
性別:
女性
自己紹介:
短歌とか詩とか本とか。
(文末の短歌は既作から拾ってくるので本文と直接は繋がってなかったりもしますよ。)
連絡・問い合わせ
ブログ内検索
最新コメント
[06/25 お湯]
[04/24 R]
[04/12 きたとら]
[03/27 まつむらまさなお]
[09/11 kumapapa31]
忍者カウンター
バーコード
Designed by Lynn
忍者ブログ [PR]