忍者ブログ
川が好き。
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208
去年漬けた梅酒を最近になってやっと飲んでみました。もう全然出来上がっていたのですが、そもそもわたしに飲酒の習慣がないため、自分で作った梅酒の存在を忘れていたのです。

 今回の梅酒はきび砂糖とハチミツで漬けてみました。前に作った時は酸味が足りなかったので、今回はレモンの薄切りも一緒に漬け込んでみました。そしたらレモンの量が多かったのか、今度は少し酸っぱい出来上がりでした。なので、レモンはもう取り出すことにしました。
 梅の実の間から箸で取り出したレモンを食べてみると、これがすっかり酸味が抜けており、甘くて美味しい。意外な発見です。
 梅酒に漬けた梅の実はいつも持て余します。そんなに美味しいものでなく、ただ食べるにしても量が多いので飽きてしまいます。梅ケーキなど他のお菓子への再利用もがんばってみましたが、そんなに美味しく消費できるものでもありませんでした。前に作った梅酒の梅の実は、最終的に両親へあげた覚えがあります。
 梅の実も持て余しますが、ホワイトリカーも余っているのでした。お酒好きな人ならそのまま飲んだりいろいろできるのでしょうけれど。料理に入れてみたりしてますが、日本酒ほど調味料として使えている感じもなく。

 そもそも飲酒の習慣がないうえに、わたしは水やお湯や炭酸水で何倍にも割るので、飲み終えるのに何年もかかりそうです。でも、自分好みに作れたのでそれなりに満足です。飲み終えるまで時間がかかる分、熟成もされてゆくのでしょう。

 ふと、冷蔵庫の隅に市販のワンカップ梅酒を見つけました。わたしは体質的にお酒が飲めないということを理解してくれない酒飲みの人が、何年も前にいくつか置いていったものでした。お酒を人に飲ませたがる心理が、わたしはさっぱりわかりません。ビールや日本酒やワインに比べれば果実酒は美味しく感じる、とはいっても市販のお酒はどうにもきつくて、がんばって口にしても気分が悪くなるだけのわたしなど、つまらないと苦言を呈されりもしました。

 お酒が飲めないことは、長くわたしのコンプレックスでした。「飲めなくても飲み会の雰囲気が好き」とか「お酒飲めた方が人生楽しそう」とかずっと言っていました。
 けれども、わたしと同じように体質的にアルコールが受け付けない人が清々しいまでに「飲み会嫌い」と公言するのを聞いているうちに、わたしもお酒が嫌いだったのだと気づきました。お酒より、コーヒーやジュースの方がよっぽど好きです。お酒が飲みたくて飲めないのではなく、嫌いで飲みたくないのだとわかったら、とても気持ちが楽になりました。
  
  震災の前に誰かが置いてった梅酒ふた瓶まだ手を付けず

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あれこれ
去年漬けた梅酒を忘れていたなんて
想像できない話ですね。

きび砂糖とハチミツ、レモンなんてのがでてきて
漬ける作業をしている様子が楽しそうです。

梅酒に漬けた梅の実はいつももてあますなんて
想像もしたことがないけど
世の中にはそういう方があるんだと知りました。

お酒を飲まない人はたくさんいますし
わたしのムスメの旦那様の家族はお酒と無縁の暮らしです。

お酒を讃える文化が古来からあるせいか
お酒に無念(体質的にも)な人たちは
敷居に似た壁のようなものを持ってらっしゃるようで
時代とともにコンプレックスを含むあらゆる気がかりが
なくなってゆくといいなと思います。

梅酒を部屋に置いたまま。

うちの人なら、そそくさと誰かに飲ませてしまうだろうし
わたしの母ならあっけらかんと捨ててしまうかもしれないし
また・・・ある友達なら飲めないのだけど
無理して毎日飲んで好きになってしまうかもしれないし。

今回は梅酒の話なので
そのことから脱線ができないけど

不定期に読んでいるブログからは
山のように感じることがあるのだな。
書く場所がない・・・

ねこさん URL 2017/06/29(Thu)20:46:11 編集
Re:あれこれ
ねこさん、こんにちは。
梅酒と一緒に梅シロップも作りましたが、そちらは早々に美味しく飲みました。ホワイトリカー以外は梅酒と同じ材料です。
作るのが楽しいんですね。

お嬢様の旦那様のご家族様はお酒を飲まれないのですね。そういった生活習慣の合う合わないって、結構大切なんだあって感じます。単なる偏食とは違った人間性が見えてきますね。
今はアルハラという言葉も出てきたりして、昔に比べればお酒を強要されることも少なくなったのでしょうけれど、男性の方が仕事上のお付き合いなど大変そうと思いました。

ワンカップの梅酒は、結局、実家に持っていきました。父か祖母が飲むでしょう。
【2017/06/30 21:48】
生活習慣や考え方の一致度
生活習慣や考え方の一致度
みたいなことを考えながら 梅酒の話を読んだのです

わたしのムスメはお酒が好きでわたしとよく居酒屋に出かけましたが
結婚してからは無縁です

わたしたち夫婦の性格・考え方一致度テストのようなものを
衝立を隔ててプラカードをあげるようなかんじですると
90%が不一致です

夫婦ってのは 一致が大事ではないのだということなどを
よくブログなどで書きますが 
ここではそんな考えや見方もあるという話に触れて
ちょこっと あらっと思ってもらえたらと考えていたりしたのでした

では 一体何を信じたら(頼ったら)いいのでしょうかね・・
それはまたどこかでお話しする機会があるといいですね
ねこさん URL 2017/07/01(Sat)08:46:47 編集
Re:生活習慣や考え方の一致度
角田光代さんの『三月の招待状』という小説で、下戸で夕飯を15分で食べ終える旦那さんに対して、数時間かけて晩酌したいという奥さんが不満を抱いているというくだりがあり、それが結構リアルに嫌な感じなのでした。
わたしは、生活習慣が合うに越したことはないと思います。
【2017/07/01 22:57】
気遣いのないこと書いて申し訳ない
ひどいコメント書いてますね わたし。
一致しなかったら困りますよね
最初からわかってたら躊躇しますよね

たぶんいつも日記を拝見してて マイナス思考っぽい時があるから
そんなの気にしないでね
と元気づけたかったのだか
それが強引なコメントになったようです。
話したいことはたくさんあっても話す順番を間違うと 大事なところに到達する前に 嫌われてしまいそうですね
難しいわ(笑
ねこさん 2017/07/02(Sun)11:41:26 編集
Re:気遣いのないこと書いて申し訳ない
梅酒作りから始まって、お酒嫌いに終着する文章の構成がよくなかったですね、すみません。
わたしは、わたしが生活習慣の違いに不満を抱いたのではなく、相手に不満をぶつけられたり強要された経験を書いたつもりでした。
ねこさんのご家族のように、生活習慣や考え方が違ってもうまくいっているのはとても良いことだと思います。

また、生活習慣の相違がかなしいということがテーマではなくて、自分に合わない習慣を押し付けられて気を遣ったり我慢したり罪悪感を抱いていたわたしが、同じ生活習慣の人と接して自分らしい自分を肯定できるようになった、楽になって良かったと言いたかった文章なのでした。
お心遣いありがとうございました。元気づけようとしてくださったお気持ち、とてもうれしいです。
【2017/07/02 22:38】
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
おとも
性別:
女性
自己紹介:
短歌とか詩とか本とか。
(文末の短歌は既作から拾ってくるので本文と直接は繋がってなかったりもしますよ。)
連絡・問い合わせ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
[08/27 お湯]
[08/27 お湯]
[06/25 お湯]
[04/24 R]
[04/12 きたとら]
忍者カウンター
Designed by Lynn
忍者ブログ [PR]