忍者ブログ
川が好き。
[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206
もうすぐ甥っ子の誕生日なので伯母ちゃんのわたしは何か買ってあげたくてうずうずしています。
 生まれた時は、ピアノ絵本を贈りました。対象年齢が0才~5才とのことだったので、長く遊んでもらえるかなあと思って。去年は、手ぬぐいの絵本を贈りました。父親に似てぶくぶく太ってゆくだろうと思い、「桃太郎」ではなく「金太郎」を。他にも遊びに行った際や荷物を送るついでにに民芸品のおもちゃやなんやかんやをあげました。「おねーちゃんのくれた絵本気に入ってるよ」なんて妹から写真が届くと、そりゃあもうかわいくて満足するのです。

 先日、友人が子供が3人欲しいという話の流れで、「いいお母さんになれそう」と言われました。社交辞令かもしれないけれど、きっと褒め言葉なので「ありがとう~」などと返したのですが、そもそも、お母さんになりたいという願望がわたしは薄いので、なんともこそばゆい気持ちになりました。
 お母さんになりたい願望が薄いといっても、子供嫌いというわけではありません。子育てに追われずにまだまだ遊びたい!とかいうわけでもありません。ただ、子供はいつまでも子供ではないということ、大人になってゆくことを思えば、一人の人間をこの世に生み出すという大いなる責任に圧倒されてすくんでしまうのです。
 だからこそ、甥っ子などは単純に可愛がれるんだろうな、と思います。グレても、ニートになっても、わたしの躾や教育のせいじゃないもの。

 甥っ子への贈りものを考えながら、ふと、気づきました。わたしは前の恋人に、どこかへ行く度におみやげなどを買っていました。別に貢いでいたというわけでなく、よくご飯をごちそうしてもらったり、車を出してもらったりしていたので、お返しでした。一人暮らしの人だったので、ご飯の支度が楽になるようなものばかりを選んでいました。名産物のおかず、スープ、レトルトカレー、焼きそば、うどん、…あれ?これって、まるで「お母さん」のセンスでは…。わたしにも、実母からこのような宅配便が届くし、彼がおかずをもらったタッパーを地元へ返しに行くのに付き合ったこともあります。あああ、わたしがタッパーにおかずを作って自宅の帰り際に持たせたこともありました。
 よく考えたら、普通の女性は何かファッションアイテムとかオシャレなものをプレゼントしたりするのですよね。煮物だのなんだの、変にお母さんになっちゃってたんでしょうね、わたし。

  女性薬「命の母」のほの甘く泣きたいような子宮の色よ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 8 9 10
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
おとも
性別:
女性
自己紹介:
短歌とか詩とか本とか。
(文末の短歌は既作から拾ってくるので本文と直接は繋がってなかったりもしますよ。)
連絡・問い合わせ
ブログ内検索
最新コメント
[06/25 お湯]
[04/24 R]
[04/12 きたとら]
[03/27 まつむらまさなお]
[09/11 kumapapa31]
忍者カウンター
バーコード
Designed by Lynn
忍者ブログ [PR]