忍者ブログ
川が好き。
[223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213
先日、同僚さん数人とご飯を食べに行きました。仕事の話もしましたが、女子会だったのでガールズトークなんかも弾みます。唯一既婚の同僚さんは旦那さんとケンカ中で「結婚なんてそんなにいいものじゃないよ」とこぼすのへ、独身陣がなだめながら馴れ初めを聞いたりします。
 わたしのことを聞かれれば、わたしのお別れエピソードはまだ活きの良いネタなので「もう笑うしかないんだけど」と、ここぞとばかりに話します。それまでそういう人の存在すら明かしたことがないのに、むしろいない歴=年齢ぐらいのキャラぶっていたのに、ダメになると喋りたくなるのはどうしてでしょう。自分なりに分析してみます。

①惚気話は嫌がられるとわかっている。また、散々惚気ておいてダメになったらみっともないから、現在進行形の時はしないようにしておく。白黒ついたら話せる。そしてその結果が今回は黒だったということ。
②かなしいことが起こった自分を慰めてほしい。
③「話すこと」は「放すこと」に繋がる。つらい思い出を話して手放したい。過去を振り切りたい。
④不幸ネタは女性ウケが良いため、ここぞとばかりウケをねらってしまう。惚気話をしないのも不幸ぶるため。女性に好かれたい。

 こんなところでしょうか。まだあるかもしれないし、あくまで自己分析なので違っていることもあるかもしれません。他人事のように笑っているのも、少し奇異に映るようです。
 わたしが相手を問い詰めなかったことについても不思議がられます。そうしたい気持ちがなかったわけでもないですが、終わったことに執着してもどうしようもない、ということは過去の経験から身に沁みています。最近ワイドショーを騒がしている松居さんの動画などを見てもそれは明白です。なにより、わたしが悪いからこうなったような気がして、怒ったり責めたりするような立場ではない、と思ってしまうのでした。
 
「私の彼氏は既婚者だから~」と言うのは20代前半の女の子。「良い人と出会ったら今彼と別れるのに~」なんて言うのを聞くと、愛しているのではないの?と首を傾げたくなります。
 わたしは不倫がまったく理解ができません。家庭があるのに他の女性に特別な好意を寄せる男性にもドン引きですし、未来のない恋愛をする意味がわからないのです。それでもお互い愛し合っていてどうしようもないというのなら、婚姻を解消してからにしたらいいのに。交際相手が誰もいないよりは既婚者でもいいからいた方がいい、とも思いません。一時的に満たされるものがあっても、誰かを傷つけている以上、真の幸福には結びつかないでしょう。
 なんてことは、ただの同僚の女の子には言いません。わたしの倫理を押し付けるつもりはないし、彼女の人生は彼女のものです。彼女も、ただの同僚に説教されてもおもしろくないでしょうから、否定も肯定もせず「そうなんだー」と頷くのみです。

 数年前、絶望していた頃、いのちの電話に電話をしたことがあります。電話向こうの相談員さんが「ペットを飼えばいいんじゃない!?」と提案しました。確かにペットを飼って心が慰められる人もいるのでしょう。実際に、わたしの知人にもペットのために生きている人がいます。
 けれども、わたしはペットを飼おうとは思いませんでした。今でも思いません。経済的に難しい、一人暮らしで働きながらペットを飼うことは現実的ではない、などの理由はいろいろありますが、一番はペットが先に亡くなるからです。喪失感という大きなかなしみにいずれ打ちひしがれることがわかっているから、一時的な癒しは求める気になれないのでした。

 それとこれとは別な話なのだけれど、なんとなく思い出しました。わたしが、肺がんになるからタバコを吸わないとか、廃人になるから薬物に興味がないとか、お金を失うからギャンブルをしないとかいうのも同じ類のことでしょう。
 純粋に今だけを楽しめない、というのはつまらないことなのかもしれません。また、こんなに不穏な未来を避けようとする割に、しあわせな未来に繋がるようなことは何もできていないわたしだな、ということに気付いてしまうのでした。

  酒タバコ賭け事もせず恋もせずおだやかな日々を送っています

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
おとも
性別:
女性
自己紹介:
短歌とか詩とか本とか。
(文末の短歌は既作から拾ってくるので本文と直接は繋がってなかったりもしますよ。)
連絡・問い合わせ
ブログ内検索
最新コメント
[08/27 お湯]
[08/27 お湯]
[06/25 お湯]
[04/24 R]
[04/12 きたとら]
忍者カウンター
Designed by Lynn
忍者ブログ [PR]